MENU

ジッテプラスの副作用は?敏感肌でも大丈夫?

ジッテプラス,副作用

 

 

芸能人にも愛用者が多いと言われている背中ニキビ専用の化粧品、ジッテプラス。

 

 

 

「長年悩んでいた背中ニキビが治ってきた!」

 

「敏感肌だけど問題なく使える!」

 

 

 

と口コミでも高評価を得ています。

 

グラビアアイドルなど芸能人の愛用者も多く、口コミでの評価も高いとなれば「もうこれはすぐにでも使ってみたい!」って感じですよね。

 

 

 

「でも!使う前にチェックしておきたいのが《副作用》です。」

 

 

 

以前、美白化粧品で皮膚障害(白斑など)が発生するという大問題が起きたことは記憶に新しいのでは?

 

何かあった後では遅いですよね、お肌は女性の命ですから。

 

ということで今回は、ジッテプラスの副作用について調べました。

 

また、お肌が敏感な方でも使えるかどうかも調べましたので、お肌の弱い方・副作用について心配な方は是非参考にしてください!

 

 

 

 

 

ジッテプラスには副作用はあるの?

ジッテプラス,副作用

 

 

ではまず副作用から。ジッテプラスには副作用は・・・

 

 

 

「ありません!」

 

 

 

というのも、副作用とは「治療などのために用いた【医薬品】の本来の効果とは異なる作用」のことで、主に有害な作用を指します。

 

ジッテプラスは医薬品ではありませんので「副作用」というものは存在しないということなんですね。

 

 

 

でも化粧品でも副作用という言葉がよく使われていますよね。

 

例えば化粧品を使ってお肌が荒れてしまったりアレルギー反応が出てしまった場合「副作用が出た」と表現されることがあり、これらの「副作用のような症状」を副作用と呼んでいるようです。。

 

では実際、ジッテプラスを使ってこの「副作用のような症状」が出ることはあるのでしょうか?

 

答えは、

 

 

 

「可能性は0ではありません!」

 

 

 

これはどの化粧品にも言えることですが、お肌の敏感具合は人それぞれですし、お肌の調子もその時々によって変わりますよね。

 

ですから、どんなにお肌に優しい成分が入った化粧品を使っても、赤みが出たりヒリヒリしたりという反応が出てしまうことはあるんです。

 

 

 

また、ある成分にアレルギーを持っていたら、その成分が入った化粧品を使うことでアレルギー反応が出てしまいます。

 

アレルギーに関しては「お肌の強さ・弱さ」は関係ありません。

 

ただし、ジッテプラスはお肌が弱い方・敏感な方でも使えるように「お肌にとって刺激になりやすい5つの成分(アルコール・着色料など)」を配合せずに作られているんです。

 

 

 

しかも、白斑問題を起こした例の化粧品のように「奇をてらった成分」は配合されてないんです。

 

奇をてらったとは変な言い方ですが、実は例の化粧品に入っていた「皮膚障害の原因となった成分」は「医薬部外品の有効成分として 2008 年に承認された」というとても新しい成分だったんです。

 

もちろん、新しいから危険ということではありませんが、やはり昔から長きにわたって化粧品に配合されている成分に比べると、何が起こるかわからないという不安はありますよね。

 

 

 

ジッテプラスの場合は、化粧品によく使われ刺激も少ない(限りなく0に近い)成分を「より浸透しやすい形」にして配合しているんです。

 

つまり、お肌に刺激になる成分を限りなく取り除き、安全性の高い成分をより効果を発揮しやすい形で配合しているから、お肌の弱い方・敏感な方でも安心して使えるということなんですね。

 

 

 

 

 

ジッテプラスは敏感肌でも絶対大丈夫?

ジッテプラス,副作用

 

 

「じゃあ、敏感肌でも絶対大丈夫なのね!」

 

 

 

残念ながらそういうわけではありません。

 

もちろんジッテプラスはお肌に優しい作りになっていますが、先程もお話したとおりお肌の敏感具合は人それぞれ、お肌の調子もその時々で変化します。

 

ですから万が一に備えて、使用前には必ずパットテストをしてくださいね。

 

ジッテプラスを公式サイトから購入すると、定期購入の場合「返金保証」がついてきますので、お肌に合わなかった場合には返金してもらえるので安心ですね!

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ